top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

森岡さん&今野さんイベント①

情報解禁ということで、7月に

今野書店さん@西荻窪

で『なぜ戦争をえがくのか』展を開催します。


森岡書店さんでは、本だけでなく、この本に登場したアーティストたちの作品が見られるという豪華仕様です。

3点の映像作品のほか、絵画や写真・イラストが置かれて音楽が流れるという、小さいながらもミュージアムのような空間になる予定です。


あえてわかりにくい写真を選んでいますが、映像作品の映写テストの様子。天井に映写します。


そして今野書店さんでは、登場アーティストの本だけでなく、彼らが推薦する「歴史・戦争を知るためのお勧め本」も並ぶ予定です。

さらに、普通の新刊書店にあるまじき企画も進行中です。



両書店に設置する部数限定のフリーペーパーも制作中。

ここでしか読めないコンテンツばかりです。


フリーペーパーはこんな感じで。参加者の作品紹介+エッセイなど。


というわけで、今後はこの話題がしばしば出てくると思います。


乞うご期待!


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

bottom of page