• みずき書林

横浜シネマリン


12月1日は横浜シネマリンにて『タリナイ』上映初日。

姉妹編『マーシャル、父の戦場』を販売いただいていることもあり、ご挨拶も兼ねてあらためて映画を観てきました。


地下に降りる入口とロビーはこじんまりした印象ですが、劇場内はひろびろしていて席もゆったり座れます。

席数も100席以上あって、じつに映画館らしい映画館です。

昨今の巨大シネコンも便利ではありますが、なんだかベルトコンベアに乗せられているような気がしなくもありません。

人肌の映画は、こういう目に見える人が手仕事で運営している場所で観るのがふさわしいようです。

こういうところに座って落ち着いて映画を観られるのは、(そもそもそれが劇場体験というものですが)あらためて贅沢な時間です。


休日の横浜をうろうろするのも楽しそうでしたが、先約があったために上映後は恵比寿にとんぼ返り。

またゆっくり来ます。


『タリナイ』@横浜シネマリン

明日から14日まで。

詳しくは公式サイトを。




最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.