• みずき書林

横浜シネマリン


12月1日は横浜シネマリンにて『タリナイ』上映初日。

姉妹編『マーシャル、父の戦場』を販売いただいていることもあり、ご挨拶も兼ねてあらためて映画を観てきました。


地下に降りる入口とロビーはこじんまりした印象ですが、劇場内はひろびろしていて席もゆったり座れます。

席数も100席以上あって、じつに映画館らしい映画館です。

昨今の巨大シネコンも便利ではありますが、なんだかベルトコンベアに乗せられているような気がしなくもありません。

人肌の映画は、こういう目に見える人が手仕事で運営している場所で観るのがふさわしいようです。

こういうところに座って落ち着いて映画を観られるのは、(そもそもそれが劇場体験というものですが)あらためて贅沢な時間です。


休日の横浜をうろうろするのも楽しそうでしたが、先約があったために上映後は恵比寿にとんぼ返り。

またゆっくり来ます。


『タリナイ』@横浜シネマリン

明日から14日まで。

詳しくは公式サイトを。




最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.