• みずき書林

横浜シネマリン


12月1日は横浜シネマリンにて『タリナイ』上映初日。

姉妹編『マーシャル、父の戦場』を販売いただいていることもあり、ご挨拶も兼ねてあらためて映画を観てきました。


地下に降りる入口とロビーはこじんまりした印象ですが、劇場内はひろびろしていて席もゆったり座れます。

席数も100席以上あって、じつに映画館らしい映画館です。

昨今の巨大シネコンも便利ではありますが、なんだかベルトコンベアに乗せられているような気がしなくもありません。

人肌の映画は、こういう目に見える人が手仕事で運営している場所で観るのがふさわしいようです。

こういうところに座って落ち着いて映画を観られるのは、(そもそもそれが劇場体験というものですが)あらためて贅沢な時間です。


休日の横浜をうろうろするのも楽しそうでしたが、先約があったために上映後は恵比寿にとんぼ返り。

またゆっくり来ます。


『タリナイ』@横浜シネマリン

明日から14日まで。

詳しくは公式サイトを。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン