• みずき書林

武田一義さん『ペリリュー』完結。+イベントのこと


武田一義さんの『ペリリュー 楽園のゲルニカ』が、今日発売の『ヤングアニマル』で完結しました。

朝一で書店に行って買ってきました。


これから「外伝」が描かれていくとのこと。

田丸くんと吉敷くんはもちろんですが、ぼくとしては小杉伍長がとても気になっていました。

なぜかはわかりませんが、このキャラクターが好きでした。

そして小杉とまったく正反対の片倉兵長も、途中から気になる存在でした。

「外伝」ではそういう人たちが再会することもあるのでしょうか。


*


さて、いよいよ今週末、11日(日)の19時30分より、

『なぜ戦争をえがくのか』刊行記念イベントが開催となります。


詳細およびご予約はこちらのジュンク堂サイトからお願いします。

1週間のアーカイブ配信があるので、当日リアルタイムでなくても大丈夫です!

また書籍付チケットは2630円と、かなりお得です。


このブログを見てくださっている人がどういう方々なのか、何人くらいいてくださるのか、知りません。

しかしわざわざこのテキストを読んでくださっているということは、おそらくはぼくと似たような興味関心をお持ちの方々とお見受けします。

ということは、聴いて損なしです。


よろしくお願いいたします!


何人くらい集まるのかわからない。開票日前の政治家って、こんな気分なのかもしれない。

最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生