• みずき書林

武田一義さんの〈べき〉論


先日、『なぜ戦争をえがくのか』のトークイベントを行ったのですが、そこで武田一義さんがとても印象的なことを述べていたので、忘れないように書いておこう。


イベントの中で、フロアから、

「我々が戦争を語り、あるいは表現するときに、どうするべきだと思いますか?」

という趣旨の質問がありました。

上記はあくまで大意で、その後に、質問者の「私はこうしたいと思う」という決意表明のようなコメントも続いていました。


これを受けて武田さんが、

「〈~するべき〉というのは、自分に対してだけ使ったほうがいいと思います。他人に対して〈べき〉と言い始めたら、それは暴力になってしまうかもしれません」

ということをおっしゃってました。


続けて、質問者のコメント後半の決意表明を読んで、

「あなたがそのように思っているのなら、きっとそれでいいのだと思います。そう思っていることを、自分でしっかり実行していくのがいいのだと思います」

という趣旨のことを言われました。



これはとてもいいことばだったなあと思います。



以上、前回前々回書いたことにも関係があるような気もするので。


最新記事

すべて表示

ひとつずつ

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。