top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

歴史が傍らに立つ

9月17日(金)


偶然が重なり、ドキドキした1日。

まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。


歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。

いまここに歴史が浸透してくるような。

我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。

何かを調べたり追いかけたりしていると、たまにこういうことが起こりますね。


仲間たちの間で興奮気味のメールがやりとりされ、起こりうる未来に思いを馳せました。

歴史実践は楽しいですね。


というわけで、ほとんどの人には何が何だかわからないエントリーですが、いずれ近い将来、このこともまた形にしていきたいと思います。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comentarios


bottom of page