top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

死についてぼんやり思う

ここのところ体調が悪くないです。

今日は久しぶりに嘔吐があったけれど、それ以外はまず順調な体調と言っていいと思います。

ここ数日、夜中に1時間半おきくらいでトイレに目覚めていて、なかなか寝付けなくて困っていたのだけど、今朝はそれもよくなって、2回起きただけでした。なぜそうなったのかわからないけれど、改善されたのはいいことです。


でもそのいっぽうで、毎日死について考えないことはありません。

何も深いことを考えるわけではないけど、それでも日々どこかのタイミングで、ふと自分の死について考えます。


神よ願わくば私に

変えることのできる物事を変える勇気と

変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと

常にその違いを見分ける知恵とを

授けたまえ


有名なことばです。

たとえば散歩しているとき、ふと仕事の手を休めたとき、読書が一段落したとき、こんなことばを不意に思い出して、ぼんやりと死ぬことについて連想します。


昨夜からフランクルの『それでも人生にイエスと言う』を再読しています。

だから彼の言葉に勇気づけられてもいます。


いつか、そう遠くないときに、僕は死んでしまうのでしょう。

そのことを落ち着いて受け入れ、最後のときまでは自分なりの生きる意味を手離さず、人生が自分に何を求めているのかを見つめていたいと思うのです。


今日は保苅実の命日です。

そんなことも今日一日、ずっと頭に残っています。

「丁寧に勉強し、静かに深く感じ、そして身体で経験し続けたいと思います。それ以外に豊かに人生を生きる方法なんてないでしょうが」(『ラディカル・オーラル・ヒストリー』本文より)


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

bottom of page