• みずき書林

毎日ブログ更新、1年経過。


思い立って、ブログ更新を自分に課してから、今日でまる1年が経ちました。

いま書いているこれを含めて、この1年で書いた件数は330件でした。

さすがに毎日更新はできなくて、月に3日ほどコボれていた計算ですね。


ちなみに昨年の8月23日のブログはこんな


「このブログは、おそらくそんなに多くの人が見ているわけではなさそうですので(苦笑)、自分自身の備忘録のために……」と書いていますね。


この感じは、1年経っても変わらない。

最近はちょっとくらいは外部向けに発信しようということで、たまに気が向くとTwitterでブログ更新情報を流すようにしていますが、基本的には〈みずきちゃんの裏庭〉という扱いで、あまりアピールしていません。

ごく親しい人に宛てて、気が向いたらのぞいてもらえればというくらいの気持ちで、これからもよちよち続けていこうと思います。





最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.