• みずき書林

流行りモノを読む

読書週間でしたね。


この2週間ほどでいろいろ読みましたが、特筆すべきは、

『鬼滅の刃』

既刊全22巻を2日で読破したことでしょうか(笑)。


まあとにかく、めちゃくちゃ売れているらしい。

『北斗の拳』『キン肉マン』『ドラゴンボール』『聖闘士星矢』『魁! 男塾』『ONE PIECE』などなど、少年バトル漫画の系譜は名作ぞろいですが、いまはこれなんですね。

漫画はあまり読んでいないのですが、


1.まっすぐな主人公

2.多彩な仲間

3.魅力的な悪役


が揃っていて、1以外はひとり減り、ふたり消え……(でも生きてる場合もあるよ!)

という王道の展開。

個人的には、『鬼滅の刃』の場合は1の魅力が突出している感じ。

2についてはやはりワンピはすごかったんだと思う。

3は、やはりラオウになるのかな。ラオウ、シャア&ダースベイダーは、ぼくらの世代の3代ダークヒーローですね。


小学生低学年のとき『北斗の拳』を買って、その夜風呂から出たら親に捨てられていたのもいい思い出です。

(残虐すぎる、という理由で。代わりに『ドラえもん』を買い与えられた。北斗神拳から四次元ポケットへ)



本文とはかけ離れたイラストですが、なかいかおりさんのポップ。2日で22巻は、文字通りラストまで駆け抜けた感がある。

最新記事

すべて表示

名前の由来である人の代表作であるにもかかわらず不勉強にして今まで未読だった、鷗外森林太郎の『渋江抽斎』を読了。 延々淡々とした記述に、自分はいったい何を読まされているのだろう?と思いながら読み進めていくと、以下の文章に行き当たります。 「わたくし」というのは当然、鷗外自身のことです。 「わたくしはまたこういう事を思った。抽斎は医者であった。そして官吏であった。そして経書や諸子のような哲学方面の書を