• みずき書林

流行りモノを読む

読書週間でしたね。


この2週間ほどでいろいろ読みましたが、特筆すべきは、

『鬼滅の刃』

既刊全22巻を2日で読破したことでしょうか(笑)。


まあとにかく、めちゃくちゃ売れているらしい。

『北斗の拳』『キン肉マン』『ドラゴンボール』『聖闘士星矢』『魁! 男塾』『ONE PIECE』などなど、少年バトル漫画の系譜は名作ぞろいですが、いまはこれなんですね。

漫画はあまり読んでいないのですが、


1.まっすぐな主人公

2.多彩な仲間

3.魅力的な悪役


が揃っていて、1以外はひとり減り、ふたり消え……(でも生きてる場合もあるよ!)

という王道の展開。

個人的には、『鬼滅の刃』の場合は1の魅力が突出している感じ。

2についてはやはりワンピはすごかったんだと思う。

3は、やはりラオウになるのかな。ラオウ、シャア&ダースベイダーは、ぼくらの世代の3代ダークヒーローですね。


小学生低学年のとき『北斗の拳』を買って、その夜風呂から出たら親に捨てられていたのもいい思い出です。

(残虐すぎる、という理由で。代わりに『ドラえもん』を買い与えられた。北斗神拳から四次元ポケットへ)



本文とはかけ離れたイラストですが、なかいかおりさんのポップ。2日で22巻は、文字通りラストまで駆け抜けた感がある。

最新記事

すべて表示

小道具を散りばめて心をのぞく――藤岡みなみ私論

タイムトラベル専門書店utoutoプレゼンツ、タイムトラベラー養成講座の情報が公開になりました。 小社の関係では、大川史織さん、音食紀行・遠藤雅司さんが登壇。 藤岡さんとのトークイベント、楽しみですね。 「100日間シンプル生活」が終わってしばらく経ち、いささか遅きに失した観があるものの、このタイミングで、タイムトラベルと「100日間シンプル生活」に絡めて、極私的・藤岡みなみ論を。 (対象との距離

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.