• みずき書林

海はいいのぅ。


ずっと海を見ていました。


眼の底が青くなりそうなほど、海も空も青い。

そしてもう、ひたすら暑い。


こんなことを書くと、たかだか1日瀬戸内海を見ていただけのくせにそんな大仰なことを考えるには及ばん。と言われるのは間違いありませんが。たしかにまあ、多少恥ずかしいことを書くようですが。

でもまあ、書いておきます。

いいですか。

書きますよ。


ことばにできないことは、あります。

より正確に言おうとするなら、ことばを使うしかないことにーーそれすらも思うままに使いこなせないことにーー呆然としてしまうことは、あります。

ずっとつながっている海や、遠くまで続く空や、刻々とかたちを変える雲や、足元の小魚やカニを眺めていると。人間がことばにできないことは、おそらくあります。

海も空も雲も魚もカニも、ことばは使っていません。

我々がことばを使えることは素晴らしいことであり、同時にことばを使わないといけないのは、なにがしかもどかしいことでもあるようです。

我々がことばを持っていることは素敵なことであり、でも空や海や雲や魚は、そのことを特別羨んでもいないみたいです。

普段見慣れないきれいな海を見ていると。そんなような大げさなことを考えてしまいますね笑。


ともあれ、海はいい。





最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.