• みずき書林

海はいいのぅ。


ずっと海を見ていました。


眼の底が青くなりそうなほど、海も空も青い。

そしてもう、ひたすら暑い。


こんなことを書くと、たかだか1日瀬戸内海を見ていただけのくせにそんな大仰なことを考えるには及ばん。と言われるのは間違いありませんが。たしかにまあ、多少恥ずかしいことを書くようですが。

でもまあ、書いておきます。

いいですか。

書きますよ。


ことばにできないことは、あります。

より正確に言おうとするなら、ことばを使うしかないことにーーそれすらも思うままに使いこなせないことにーー呆然としてしまうことは、あります。

ずっとつながっている海や、遠くまで続く空や、刻々とかたちを変える雲や、足元の小魚やカニを眺めていると。人間がことばにできないことは、おそらくあります。

海も空も雲も魚もカニも、ことばは使っていません。

我々がことばを使えることは素晴らしいことであり、同時にことばを使わないといけないのは、なにがしかもどかしいことでもあるようです。

我々がことばを持っていることは素敵なことであり、でも空や海や雲や魚は、そのことを特別羨んでもいないみたいです。

普段見慣れないきれいな海を見ていると。そんなような大げさなことを考えてしまいますね笑。


ともあれ、海はいい。





最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生