• みずき書林

海はいいのぅ。


ずっと海を見ていました。


眼の底が青くなりそうなほど、海も空も青い。

そしてもう、ひたすら暑い。


こんなことを書くと、たかだか1日瀬戸内海を見ていただけのくせにそんな大仰なことを考えるには及ばん。と言われるのは間違いありませんが。たしかにまあ、多少恥ずかしいことを書くようですが。

でもまあ、書いておきます。

いいですか。

書きますよ。


ことばにできないことは、あります。

より正確に言おうとするなら、ことばを使うしかないことにーーそれすらも思うままに使いこなせないことにーー呆然としてしまうことは、あります。

ずっとつながっている海や、遠くまで続く空や、刻々とかたちを変える雲や、足元の小魚やカニを眺めていると。人間がことばにできないことは、おそらくあります。

海も空も雲も魚もカニも、ことばは使っていません。

我々がことばを使えることは素晴らしいことであり、同時にことばを使わないといけないのは、なにがしかもどかしいことでもあるようです。

我々がことばを持っていることは素敵なことであり、でも空や海や雲や魚は、そのことを特別羨んでもいないみたいです。

普段見慣れないきれいな海を見ていると。そんなような大げさなことを考えてしまいますね笑。


ともあれ、海はいい。





最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.