• みずき書林

満洲史料、取材など、週末のもろもろ


なんのかんのとなんだか慌ただしくしているうちに、あっという間に3日ほどブランクが。


この間に、屋形船に乗ること1回。3時間近くに及ぶインタビューをすること1回。義父の父が満洲に出征していたときの史料を見ること1回。

作った料理は、イカのレモンクリームタリアテッレ、素麺、大分鉄輪に行ったときの料理を真似した野菜の蒸籠蒸し、エビのアメリケーヌソーススパゲティ、カチャトーラ、豚と羊のロースト、出汁巻き卵、水菜と厚揚げの煮物etc.



義父の父親の史料はいずれちゃんとリスト化したい(写真くらい撮ってくればよかった……)。

従軍時の写真帖が何冊も。絵葉書を綴じ込んだアルバム、手紙類、膨大な量の手帳。肩章や勲章まで残っている。写真関係は井上先生に、手帳類は田中さんはじめ日記研究の方々に見せてみたい。



インタビューはとても面白かった。

言語化することへの意志。

歴史を絵画に描くことに自信を持ってはいけない理由。

こちらは、いまリンクする企画を同時進行中の蘭先生に聴いていただけたら、大いに盛り上がり議論が熱を帯びるに違いない内容だった。

これから文字起こしにとりかかる。

いずれ詳述。

最新記事

すべて表示

遠藤さんと土門さんと大川さん――本屋B&Bでのイベント

小説家の土門蘭さん。 工芸・現代美術家の遠藤薫さん。 映画監督で本書の編著者である大川史織さん。 昨夜は本屋B&Bさんの主催で、3人のトークイベントを行いました。 (アーカイブ視聴もできます。詳しくはこちらを) 2019年の10月、大川さんは遠藤さんに会うために、ベトナムまで行きました。 9月に執筆の依頼をしたら、即座に、うちに泊まればいいからハノイにおいでよとお誘いいただき、取材のついでに映画の

なぜ在庫ありにならないのか―ポスト密林時代の営業実践

タイトルは 『なぜ戦争をえがくのか 戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 『なぜ戦争体験を継承するのか: ポスト体験時代の歴史実践』 のもじりですが、あまりうまくないですね。 さて。 先にも少し書いた通り、Amazon対策として少し遅らせた刊行日、2月22日がやってきました。 上記の2点の書籍は、この日を公式発売日に設定していました。 どうなったかというと。 『なぜ戦争体験を継承するのか』は、本日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.