• みずき書林

満洲史料、取材など、週末のもろもろ


なんのかんのとなんだか慌ただしくしているうちに、あっという間に3日ほどブランクが。


この間に、屋形船に乗ること1回。3時間近くに及ぶインタビューをすること1回。義父の父が満洲に出征していたときの史料を見ること1回。

作った料理は、イカのレモンクリームタリアテッレ、素麺、大分鉄輪に行ったときの料理を真似した野菜の蒸籠蒸し、エビのアメリケーヌソーススパゲティ、カチャトーラ、豚と羊のロースト、出汁巻き卵、水菜と厚揚げの煮物etc.



義父の父親の史料はいずれちゃんとリスト化したい(写真くらい撮ってくればよかった……)。

従軍時の写真帖が何冊も。絵葉書を綴じ込んだアルバム、手紙類、膨大な量の手帳。肩章や勲章まで残っている。写真関係は井上先生に、手帳類は田中さんはじめ日記研究の方々に見せてみたい。



インタビューはとても面白かった。

言語化することへの意志。

歴史を絵画に描くことに自信を持ってはいけない理由。

こちらは、いまリンクする企画を同時進行中の蘭先生に聴いていただけたら、大いに盛り上がり議論が熱を帯びるに違いない内容だった。

これから文字起こしにとりかかる。

いずれ詳述。

最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.