• みずき書林

満洲史料、取材など、週末のもろもろ


なんのかんのとなんだか慌ただしくしているうちに、あっという間に3日ほどブランクが。


この間に、屋形船に乗ること1回。3時間近くに及ぶインタビューをすること1回。義父の父が満洲に出征していたときの史料を見ること1回。

作った料理は、イカのレモンクリームタリアテッレ、素麺、大分鉄輪に行ったときの料理を真似した野菜の蒸籠蒸し、エビのアメリケーヌソーススパゲティ、カチャトーラ、豚と羊のロースト、出汁巻き卵、水菜と厚揚げの煮物etc.



義父の父親の史料はいずれちゃんとリスト化したい(写真くらい撮ってくればよかった……)。

従軍時の写真帖が何冊も。絵葉書を綴じ込んだアルバム、手紙類、膨大な量の手帳。肩章や勲章まで残っている。写真関係は井上先生に、手帳類は田中さんはじめ日記研究の方々に見せてみたい。



インタビューはとても面白かった。

言語化することへの意志。

歴史を絵画に描くことに自信を持ってはいけない理由。

こちらは、いまリンクする企画を同時進行中の蘭先生に聴いていただけたら、大いに盛り上がり議論が熱を帯びるに違いない内容だった。

これから文字起こしにとりかかる。

いずれ詳述。

最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.