• みずき書林

瀬戸内海の片隅に


昨日は『この世界の片隅に』をテレビで観る。

もちろん一度観ているし、原作漫画も読んだし、片渕監督のトークイベントを聴いたこともあるが、あらためてとてもいい映画。


手前味噌な話をする。 冒頭で大正屋呉服店が少し映る。 終盤で焼け跡に青い鬼火が見える。 ともに短いシーンだが、ともに早坂先生のエッセイでも触れられている。 早坂先生は原爆投下後の広島に入って、小雨のそぼ降る夜に広島駅で一夜を明かし、そのときに無数の青白い鬼火を見ているという。 戦後は『夢千代日記』はじめ広島を扱った作品をたくさん作り、大正屋呉服店についてもエッセイに書いている。


なお、昨夜の裏では『美の巨人たち』で高畑勲を特集していた。

こちらも現美で展覧会やっているから、観に行かないと。


そういえば。と思いつくままに書き連ねるが、『この世界の片隅に』のすずさんの婚礼のシーンは、井上光晴の『明日』の同じようなシーンを思い出させる。


『この世界の片隅に』のこうの史代さんは広島出身。高畑勲さんは岡山育ちで『火垂るの墓』の野坂昭如は兵庫。早坂暁さんは四国松山。

みんな瀬戸内海沿岸ゆかりの人たちです。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン