top of page
  • みずき書林

照れくさい本音


先月の9日に病気のことを公表してから、たくさんのメールをいただきました。

いただいたメールは「闘病」フォルダを作り、そのなかに収めています。

本日段階で137件のメールが溜まっています。


紙の手紙で郵送いただいたものもたくさんあります。

これらもまとめて保管しています。


そのほか、LINEやメッセンジャー、ショートメールなどでもメッセージをいただいています。


みなさま、本当にありがとうございます。

いただいた文書は、これから何度も読み返すことになるかもしれません。


普段はとても言わないようなことを、この機会に伝えてくださった方。

ずっと連絡をとりあっていなかったけど、この機会にメールをくれた方。

そういうことばを受け取ることができたのは、病気になったからです。

そういう意味では、まんざら悪くもないかなと思えます。少なくとも、病気になったことの数少ない良い面のひとつです。

こんなことでもないと、みなさんの本音を聞く機会などないと思うので(笑)。


ベストは、このあともずっとしれっと生きていることですね。

そんで、あのとき思わず書いた/喋った照れくさい本音については忘れたふりをして――でもお互い実はぜんぜん忘れてないで――何食わぬ顔で付き合い続けることですね。



最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page