• みずき書林

版元コラボのかたち

堀之内出版の小林さんの記事。


版元協業の時代:堀之内出版×慶応義塾大学出版会コラボ



とても面白い試みだなと思います。

小さな会社が横につながって出版企画を一緒に進めていくのは、ありそうでなかったかたちです。

こういうアイデアは、とくに中小やひとり出版などのスモールユニット同士の協力というかたちで、今後も増えていきそうな予感がします。



違う版元同士でコラボ出版をするというのは、僕も以前考えていたことでした。

我々のは酒の席でのもしもトークの段階でしたが、堀之内さんは早速実現しており、さすがです。

Gさん、先越されちゃいましたね。



最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌