• みずき書林

版元コラボのかたち

堀之内出版の小林さんの記事。


版元協業の時代:堀之内出版×慶応義塾大学出版会コラボ



とても面白い試みだなと思います。

小さな会社が横につながって出版企画を一緒に進めていくのは、ありそうでなかったかたちです。

こういうアイデアは、とくに中小やひとり出版などのスモールユニット同士の協力というかたちで、今後も増えていきそうな予感がします。



違う版元同士でコラボ出版をするというのは、僕も以前考えていたことでした。

我々のは酒の席でのもしもトークの段階でしたが、堀之内さんは早速実現しており、さすがです。

Gさん、先越されちゃいましたね。



最新記事

すべて表示

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

2020年、みずき書林の5大ニュース

大晦日ですね。 以下今年のニュース。 順番は重要度ではない。起こった順。 1.正月早々高熱を発して寝込む (寝てたら下瞼のくぼみに汗が溜まるくらい高熱だった。いま思えばあれはインフルだった) 2.紅茶をこぼして、キーボードを壊す。 (地味だ) 3.電子化した (全アイテムはまだなんだけど。しかしわかっていたことではあるが、別に電子化したからといって売り上げが目に見えてアップするわけではなかた……)

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.