• みずき書林

独断と偏見による『マハーバーラタ』の登場人物


『マハーバーラタ』を読もうとする初心者には、登場人物の多さがひとつの壁になると思われます。

とにかく人物が多いうえに、日本人にはなじみの薄い名前なので、慣れるまでに少々時間がかかります。

沖田瑞穂先生の『マハーバーラタ入門』(勉誠出版)には登場人物一覧が載っていますし、小社から刊行予定の『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』では人名事典を付ける予定です。


とはいえ、登場人物を憶えるために一番早い方法は、自分で人物リストを作ってしまうことかもしれません。

独断と偏見に基づいて、自分で勝手に主要人物をまとめてしまうと、わかりやすくなります。


というわけで、やってみました。



ユディシュティラ:長男。いかさま賭博のカモ。

ビーマ:次男。スープ好き。

アルジュナ:三男。いちお、もっかい死んどく。

ナクラ:四男。超美麗キャラだけど、あんま活躍しない。

サハデーヴァ:末弟。すごい賢いけど、あんま発揮しない。


ドラウパディー:学習能力のない花好き。


クリシュナ:えげつない軍師。

インドラ:意外とやられキャラ。


ビーシュマ:設定盛りすぎ。最強のフェミニスト。

クンティー:計算高い妻→苦労人のオカン。

シカンディン:元祖戦闘美少女。逆女体化。

シャクニ:いかさま師。

カルナ:哀しき異父兄。

キーチャカ:セクハラDV野郎。

アシュヴァッターマン:夜型復讐鬼。



……続きはいずれ……。

※主要人物の一部にすぎません。

※個人の感想です(怒らないように)。

※偏った寸評の先達は、山田南平先生の「真さんに一問一答」です(責任転嫁)。


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴