• みずき書林

独立して1年


前職を辞めてからちょうど1年が経ちました。

3月の初めから独立に向けた動きは開始していて、実際に登記的に新会社が設立されたのは4月の半ばです。

そういう意味では、区切りとか記念の日とかはあってないようなものなのですが、とはいえ昨年の今日のことはよく覚えています。


20日付で前職を辞めて、翌日から最後の仕事として、ワシントンDCに行ったのでした。

いわば、立場上は無所属ながら、前職の最後のお勤めと、新会社のご挨拶を兼ねて、さらにいえば卒業旅行のような気持ちすら抱いて、一週間足らずアメリカに滞在したのでした。


いちおう最後の仕事として行ったのですが、なんだかふわふわした気持ちで過ごしたのを覚えています。

多少の感傷もありました。なんといっても、この旅から戻ったら、16年務めた会社にはもう二度と行かないのですから。

そして同時に、とても解放的な気持ちでもありました。

DC滞在中に何度も「岡田さん、妙に明るいですね」といろんな人に言われました。

ちょっとした不安と、奇妙な高揚感がありました。


そのちょっとした不安と、奇妙に高揚した気持ちは、1年が経った今でも持続しています。

この1年間はとても楽しいものでした。周りにいてくれた人たちのおかげです。そしてその楽しさは2年目となる今年も、ほぼ間違いなく維持されるでしょう。

いうまでもなく、楽であることと楽しくあることは違います。今年も楽ではないのでしょうが。

しかし楽しく賑やかなのは、どうやら確かそうです。




帰国して実質的な初仕事は何だったか。

よく覚えています。

帰国の翌日に錦糸町に行き、岡本広毅先生ともに森瀬繚さんに会ったのでした。

『いかアサ』最初期の仕事でした。


昨年の今日、DCのホテルにて。誕生日&会社設立祝いの『ラディカル・オーラル・クッキー』を持っていった。

最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.