• みずき書林

独立して1年


前職を辞めてからちょうど1年が経ちました。

3月の初めから独立に向けた動きは開始していて、実際に登記的に新会社が設立されたのは4月の半ばです。

そういう意味では、区切りとか記念の日とかはあってないようなものなのですが、とはいえ昨年の今日のことはよく覚えています。


20日付で前職を辞めて、翌日から最後の仕事として、ワシントンDCに行ったのでした。

いわば、立場上は無所属ながら、前職の最後のお勤めと、新会社のご挨拶を兼ねて、さらにいえば卒業旅行のような気持ちすら抱いて、一週間足らずアメリカに滞在したのでした。


いちおう最後の仕事として行ったのですが、なんだかふわふわした気持ちで過ごしたのを覚えています。

多少の感傷もありました。なんといっても、この旅から戻ったら、16年務めた会社にはもう二度と行かないのですから。

そして同時に、とても解放的な気持ちでもありました。

DC滞在中に何度も「岡田さん、妙に明るいですね」といろんな人に言われました。

ちょっとした不安と、奇妙な高揚感がありました。


そのちょっとした不安と、奇妙に高揚した気持ちは、1年が経った今でも持続しています。

この1年間はとても楽しいものでした。周りにいてくれた人たちのおかげです。そしてその楽しさは2年目となる今年も、ほぼ間違いなく維持されるでしょう。

いうまでもなく、楽であることと楽しくあることは違います。今年も楽ではないのでしょうが。

しかし楽しく賑やかなのは、どうやら確かそうです。




帰国して実質的な初仕事は何だったか。

よく覚えています。

帰国の翌日に錦糸町に行き、岡本広毅先生ともに森瀬繚さんに会ったのでした。

『いかアサ』最初期の仕事でした。


昨年の今日、DCのホテルにて。誕生日&会社設立祝いの『ラディカル・オーラル・クッキー』を持っていった。

最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.