• みずき書林

生きていく上で辛いこともあるけれど

ひきつづき、六本木で開催中のジョンとヨーコ展の話。


個人的に嬉しかったのは、ジョンとヨーコの出会いのきっかけになった、「YES」の作品レプリカが展示されていたこと。




それと、日本語勉強中のジョンのスケッチの現物が展示されていたこと。




こういうのを見て、最後にジョンの死について語るヨーコさんのことばを読むと、やはりぐっとくるものがありますね。





最新記事

すべて表示

素敵な大人とは

前期の授業最終日。 いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。 案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。 あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。 ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲