top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

畑澤聖悟『母と暮せば』見本出来!


畑澤聖悟さんの『母と暮せば』の見本が出来上がりました。


井上ひさし原案・山田洋次が映画化・富田靖子さんと松下洸平さんが主演するこまつ座公演が7月3日(土)から紀伊國屋ホールでスタート(その後九州を中心に巡演予定)。


もちろん、公演会場でも販売されます。


巻頭には舞台写真4枚を収録。

戯曲に加えて、畑澤さんと山田洋次監督・こまつ座代表の井上麻矢さんの鼎談が入っています。


そして、畑澤さんの盟友である工藤千夏さんによる長篇解説「世界の中心・青森から愛を叫ぶ――劇作家畑澤聖悟の世界」も収録。

巻末には畑澤さんのエッセイもあります。


これだけ入って1200円はお買い得。と思いません?


そしてこの本、判型はA5判ですが、劇団のひとたちが手に持ちながら稽古することを夢見て、片手でつかめるように、横寸法を通常よりちょっと短くしています。

ぜひ書店や劇場でお手に取ってみてください。


この戯曲、とても素晴らしいです。

山田洋次監督の映画も畑澤さんのこの舞台版も、ぜひ鑑賞してみてください。

一作ずつでも素晴らしいですが、映画と戯曲の両方に触れることで、感動とともにすごく批評誘発性の高い味わいが生まれます。



最新記事

すべて表示

岡田林太郎についてのお知らせ

岡田林太郎の妻です。 いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。 かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。 享年45歳でした。 一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。 ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。 これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ご

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

Comments


bottom of page