• みずき書林

畑澤聖悟『母と暮せば』見本出来!


畑澤聖悟さんの『母と暮せば』の見本が出来上がりました。


井上ひさし原案・山田洋次が映画化・富田靖子さんと松下洸平さんが主演するこまつ座公演が7月3日(土)から紀伊國屋ホールでスタート(その後九州を中心に巡演予定)。


もちろん、公演会場でも販売されます。


巻頭には舞台写真4枚を収録。

戯曲に加えて、畑澤さんと山田洋次監督・こまつ座代表の井上麻矢さんの鼎談が入っています。


そして、畑澤さんの盟友である工藤千夏さんによる長篇解説「世界の中心・青森から愛を叫ぶ――劇作家畑澤聖悟の世界」も収録。

巻末には畑澤さんのエッセイもあります。


これだけ入って1200円はお買い得。と思いません?


そしてこの本、判型はA5判ですが、劇団のひとたちが手に持ちながら稽古することを夢見て、片手でつかめるように、横寸法を通常よりちょっと短くしています。

ぜひ書店や劇場でお手に取ってみてください。


この戯曲、とても素晴らしいです。

山田洋次監督の映画も畑澤さんのこの舞台版も、ぜひ鑑賞してみてください。

一作ずつでも素晴らしいですが、映画と戯曲の両方に触れることで、感動とともにすごく批評誘発性の高い味わいが生まれます。



最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

あと数日、ただ生きていることに専念させてください。 表面上は何もせず、ただベッドの上で生きているだけ。 返信しないといけないメッセージもメールも一旦置かせてください。送らないといけない郵便物も、かけないといけない電話も、少し待ってください。考えたり思うことを書きつけるのさえ、いまは少し億劫なのです。 とにかくあと数日は、完全な受け身の状態で、やってくるものに対処していきます。 何がやってくるのかは

前の記事をアップしてから、つまり入院してからもう4日も経ったのか。 この間、昨日と今日の区別がなく、今日と明日の区切りも漠然としていました。 吐き気と痛みと倦怠感。 30分おきに目が覚める微弱な睡眠が、昼となく夜となく続きます。 本も読む気がしない。テレビも見たいと思わない。音楽も耳を潤さず、人の声も辛くなる。 とにかく気力がない。決定的に気力が損なわれた数日でした。 今もまだ、生きたいという自然