top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

疲れについて

毎日がものすごい濃度で過ぎていきます。

そしてやはり少々疲れやすくなっていて、思ったような頻度でブログが更新できません。


「疲れる」というのは、今までは主に身体のほうにかかってくる感覚だったのですが、いまは心理面での比重のほうが大きくなってきています。

つまり、感情の振幅が毎日とても大きいのです。

時間はある。体調だってそんなに悪くはない。

でも嬉しいことや悲しいことが次々とやってきて、心が追いついていかない。


起きたら、旧友から嬉しいメッセージが届いていました。

この春先に刊行した『沖縄-奄美の境界変動と人の移動』のオンライン合評会に参加しました。

新しく見つけた蕎麦屋がとてもいい店でした。

夜に、少し泣きました。

犬がすやすや寝ながら隣りにいることが、とても嬉しい。

友達や家族との何でもないやりとりが楽しい。


それやこれやを経て、夜寝る前の20分でブログやら日記やらを書いてから寝ればいい、という理屈はわかるのですが、その20分で気持ちを切り替えて、クールダウンしてこういうテキストを書くことが難しいわけです。


ほんと、毎日いろんな感情がめぐってきて、それはぜんぶ僕にとっては書き残しておく価値のあることなんだけど、この数日、アップダウンのある道を走り抜けたときのように、気持ちがちょっとバテ気味かもしれません。

疲れている、とはこういうことなんですね。



今日はクリームの誕生日でした。ちょっと豪華なごはんを食べて、空き箱に入って遊びました。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page