top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

病気だけど病人ではない


訪問医療の先生と話をしていて。

午後はほぼ毎日仕事もして散歩もして、起きている時間が長くていいとお褒めの言葉をいただきました。

僕の場合は、ずっと寝ているのがいいわけではない状態なので。

「おかげさまで、比較的体調がよい日が続いているおかげです」

「それでも気力がないと、起きて仕事をしようという気がしなくなるからね。岡田さんは気力を失ってないから」

という会話を交わしました。

ひところは、僕も気力を失いかけていた時期がありました。でも最近はなんとか持ち直しています。


病気の種類、年齢、環境など多くの要因が絡みますから、すべての患者に同じことが言えるわけではありませんが、やはり、やりたいことに少しでも手を伸ばしてみる気力を失わないことが肝要なようです。

僕の場合でいえば、それを失い、「編集者」「会社経営者」「夫」といった主体を手離して、「病人」という属性に自らを完全に明け渡してしまったときが、本当に「病人」になるときなのかもしれません。

そういう意味で、「病気だけど病人ではない」という状態を維持し続けるのが大切なのかもしれないと思っています。



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

留言


bottom of page