top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

発熱、痛み


昨夜は突然の発熱。

夜には39.2度という自分史上でもなかなかない体温まで上昇し、かなりきつかった。

まず強い悪寒。暖かくしてそれが治ったら、全身が熱くて熱くて。

でも重ね着をして布団も重ねて暖かくしたり、熱がピークになったときにそれを脱いで氷枕をあてたり、対処がうまくできたのか、一晩で熱は下がりました。


それはそれとして、この数日、胃の圧迫感というか痛みもあります。

今日はそれが強くて、1日病臥。

明日看護師さんやお医者さんに相談して、痛みを和らげる対処をしよう。


急な発熱も痛みも、がんだから仕方がない。

対応方法を確立して、面倒がらずに調整をしていくしかない。

やっぱり痛いのや苦しいのは嫌だから、こういう日々のなかでのコントロールが大切だということだろう。


本文とはまったく関係ない、見元さんが送ってくれたピクサー風にアニメ化されたクリーム。かわいい。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page