• みずき書林

目黒川をくだる


早朝に起きて、久しぶりに長い散歩。


ランとウォーキングを繰り返しながら、目黒川をずっとくだって海を見に行く。

マスクは少々息苦しいけど。


自宅を出て恵比寿ガーデンプレイスの脇をぬけて目黒川に出る。

目黒川沿いは遊歩道になっているので走りやすい。

目黒→五反田→大崎→品川と、山手線のちょっと外側にあたる川沿いをずっと走るのは、もう何度も通っている定番のコース。

天王洲アイルの海上公園まで行くと、川が海に変わる。

といっても運河と工事現場と埋め立て地が見えるだけで、海に出たという開放感はまるでないけれど。

でもまあ、大量の水を見るのはいい。



帰りは御殿山→明治学院前→プラチナ通りを抜けて帰宅。

なんやかんやで12~13キロくらいか。

BGMはAC/DCから宇多田ヒカルまで、雑多でアップテンポなプレイリスト。


音楽&散歩というのは、音楽&酒&料理と並んで、一番まともな気分転換の方法かもしれない。

ぼ~っとよしなしごとを思いながら黙々と歩くのは楽しいね。

最新記事

すべて表示

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。