top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

看護師Kさんとのこと

僕はいま在宅介護を受けています。

毎朝、看護師さんがひとり来てくれて、バイタルサインを測定したり点滴を付け替えたり身体を拭いたり、ケアをしてくださるわけです。

看護師さんは6~7人いて、徒歩10分ほどの看護ステーションからローテーションで来てくださいます。


今日は、そのうちのおひとり、Kさんの最終出勤日でした。


ところで、素人目に見ても、看護ステーションの運営は大変そうです。

まず、看護師と患者のバランスをとるのが難しそうです。雇用している看護師の数が多すぎると仕事が足りなくて経営を圧迫するし、逆に受け持つ患者数が多すぎると、回らなくなってパンクしてしまいそうです。


それに看護ステーションはいわゆる営業活動を大々的にするわけではなさそうです。どこかに広告をだしたり、あるいはネットやSNSを駆使して顧客を獲得したりはしない、ということです。顧客が病人だったり高齢者だったりする以上、それは当然のことかもしれません。

実際、僕も通院していたがんセンターの紹介で、いまの看護ステーションと出会っています。紹介を受けて患者と出会うのは便利な仕組みですが、看護ステーションサイドから考えてみると、わりと受け身の営業方針のような気もします。


ケアを受けながらそんなことを訊いてみたら、やはりひとつひとつの仕事をきちんとすることと、人間関係がとても大切だという返答が返ってきました。

きちんと仕事をしていれば、病院や地元の医師、ケアマネージャーの信用を得ることになる、ひいてはそれが新規の患者さんを紹介いただけることになり、経営の維持につながる、というサイクルをうまく構築できるかどうか。

つまるところ大事なのは、ひとりひとりの患者さんときちんと向き合うこと。結果的にそれが、地域のなかで信頼されるステーションになることにつながっていく。


なるほどなぁと思いながら話を聞いていました。

仕事への向き合い方は、原則としてどの業種でも一緒なのかもしれません。


常日頃から、在宅看護は全人的な仕事だと思っていましたが、それだけに苦しい面もあるでしょう。

でも、Kさんは常に真面目で献身的でした。

まだひとりで入浴できなかったころ、つきっきりでシャワーを浴びるのを手伝ってくださったことをよく覚えています。

ケアを受けながら、音楽の話もたくさんしました。Mötley Crüeの「Dr. Feelgood」をかけながらケアを受けたり(笑)。最終日の今朝のBGMはプリンスでした。


3ヶ月という短い間でしたが、ほんとうにお世話になりました。

ありがとうございました。

これからの人生も順風に恵まれることを祈っています!


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page