• みずき書林

祖母のこと


一昨日から実家に帰っています。

祖母に会いました。

祖母は御年95になります。


僕が作った本を渡すと、あっちこっちのページをめくりながら「こういう本は、戦争を知っている人がいなくなっちゃうとどうなるの?」と言っていました。

祖母は73年前――というと22歳の時に――岡山空襲を体験しています。

20年以上前に、尾道の大林宣彦邸を訪ねたときの話(!)もはじめて聞きました。


祖母の父親は戦前から教育者でしたが、家では軍国的なことは一切言わなかったということです。後に夫となる人は戦中は一兵士としてモンゴルにいて戦後は経済学者になります。岡山空襲をともに逃げ惑った弟は映画監督になります。みんなもういなくなりましたが、そういった人たちの話をいろいろ聞けました。


いつまでもお元気で。



というわけで、今年も終わりです。


来年もよろしくお願いいたします!



最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.