• みずき書林

神保町ブックフリマ

10月30日(土)は神保町ブックフリマに出店していました。

おかげさまで、ほぼすべての書籍が完売。


場所を提供してくださった週刊読書人のみなさま、とくに声をかけてくださった宮野さん、ありがとうございました。


五戸さん

天野くん

福地さん

金澤さん

……ものすごく久しぶりでしたね。びっくりの再会でした。

喋りたいことがたくさんあったはずなのに、思わぬ再会に慌てているうちに時間が過ぎてしまいました。


治子さん

……わざわざ来てくださってありがとう。

隣のブースで買った沖田先生の『マハーバーラタ入門』、そのうち渡しますね。


宇佐美さん

黒田さん

本山くん

夫馬さん

……来てくださるとは思っていませんでした。

この機会にお目にかかれてよかったです。それぞれに積もる話はまたいずれ。


田中さん

河内さん

……これを書いている今日31日にもオンラインで会ったのですが(笑)。

次の本、ぜひ実現させて、よいものにしましょう。


智秋さん

……これを書いている明日1日にも会うのですが(笑)。

次の本、よいものになるのは確定です。


後藤さん

……ぜんぜんお構いもできずに失礼しました。

ゆっくり時間をとって話をできれば。昼酒でも飲みながら。



堀くん

松澤くん

武内さん

吉田くん

……交通事故と餅には気をつけます。

この際、いつも餅を懐に携帯しておいて、ほんとにいざというときにはそれをのどに詰まらせるのはどうだろう。記録上は事故、ということになる。



みなさま、また会いましょう。



最新記事

すべて表示

鷗と月――社名は難しい。

会社の名前を決めるのは難しい。 2018年に創業するときに、社名を「みずき書林」としました。 その由来はけっこう喋ったり書いたりしてきました。 そのときに、他にはどんな候補があったんですか? というのはたまに訊かれる質問です。 ボツになった名前というのはなかなか公開するのが恥ずかしいんだけど、せっかくなので、ボツ社名を書いておきましょう。 1.かもめ書店 僕の名前は林太郎と言います。 いうまでもな