top of page
  • みずき書林

神様そりゃないぜと思うときは。

最近は、スピッツの「こんにちは」と、宇多田ヒカルの新譜より表題曲「BADモード」をよく聴いています。


学生時代からずっと聴いてきた宇多田ヒカルも草野マサムネも歳をとり、僕も40歳を超えて、単なる加齢とは別の意味で調子が悪い。

あのころは、こんな気持ちで彼らの音楽を聴くようになるとは想像もつかなかったな。



今日はオンライン研究会。

この研究会の成果は本にする予定だけど、本作りに着手するにはもう少し時間がかかる。

でもだれも、「できないかもしれない」とは言わない。

だれもはっきりとは言わないけれど、将来への励ましとして、本の企画を扱ってくれる。



なんで僕が。と思うこともある。

でも最近、その疑念への最適解を見つけた。

そんなふうに思うときは、妻のことを考え、家族のことを考え、近くにいてくれる友人たちのことを考える。

そしてあなたたちじゃなくてよかったと思う。


最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

病気がわかって生活が変わる前と比べて自分が不幸になったかと自問してみると、あまりそうとも思えない。 もちろん、あれやこれやと制限は多くなった。なんやかんやと体調も悪い。このあれやこれややなんやかんやの中身を詳しく書き始めるといくらでも書けてしまうということはある。その最大のものとしては、やはり死が年齢不相応に間近なものになった。そういう意味では、不自由のない暮らしからは遠く隔たった。 でもいわゆる

bottom of page