• みずき書林

穏やかに笑う。って(笑)

画像データを整理していたら、一年ほど前に作った画像が出てきました。

こんなの。

あの頃、これをスマホの待ち受けにしてたんだった……。

いま読むと笑えますが、か~なり暗い(笑)。

どれもこれも、できていないから、書いたんですね。


「穏やかに笑う」って、もうのっけから痛々しいw

次の「他人に嫉妬しない」ってのも、なんというか、あの頃の揺れる乙女心が察せられて、第3条と併せると自縄自縛感がやばい。

最後に至ってはもう、涙で前が見えないレベル。


そういえば、こんなことを我と我が身に言い聞かせて暮らしていたことが、ありましたね。



こういう感情は、何らかの形で残しておかないと、たぶんすぐに忘れてしまいます。

そういう意味では、短いテキストでも、こういうふうに残しておいてよかった。

これを読めば、あの頃の毎日の空気感とか、あのとき自分の底にあった気持ちとかが、なんとなく思い出されてきます。

たまには、そういうことを思い出してみるのも悪くないかもしれません。たまには。


多くのことは、3カ月も経てば笑い話になります。

これは社会人生活で得た数少ない真理のひとつです。

ほとんどのつらい気持ちも、3カ月も経てばきっと笑って話ができるようになります。

たとえば誰かの死のようなものですら、時間とともに受け入れることができるようになります。そのときは致命的で取り返しがつかないと思っていた仕事上の失敗も、二度と忘れることはないだろうと思った悲しい思いも、3か月もすればほとんどが笑えるようになります。

(飲み会なんて、そのためにあるようなものです)


だから、もし3カ月経っても笑えなければ、その感情はなんらかの解決を求めているのだと思います。その感情が苦しさや痛みをともなうものであれば、そのまま放っておくのは危険ですらあります。

たぶんそのときは、状況を変化させてみるべきときです。


「穏やかに笑う」なんて3カ月以上も自分に言い聞かせている奴が穏やかに笑うのはムリ、ということです(笑)。


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン