top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

穏やかに笑う。って(笑)

画像データを整理していたら、一年ほど前に作った画像が出てきました。

こんなの。

あの頃、これをスマホの待ち受けにしてたんだった……。

いま読むと笑えますが、か~なり暗い(笑)。

どれもこれも、できていないから、書いたんですね。


「穏やかに笑う」って、もうのっけから痛々しいw

次の「他人に嫉妬しない」ってのも、なんというか、あの頃の揺れる乙女心が察せられて、第3条と併せると自縄自縛感がやばい。

最後に至ってはもう、涙で前が見えないレベル。


そういえば、こんなことを我と我が身に言い聞かせて暮らしていたことが、ありましたね。



こういう感情は、何らかの形で残しておかないと、たぶんすぐに忘れてしまいます。

そういう意味では、短いテキストでも、こういうふうに残しておいてよかった。

これを読めば、あの頃の毎日の空気感とか、あのとき自分の底にあった気持ちとかが、なんとなく思い出されてきます。

たまには、そういうことを思い出してみるのも悪くないかもしれません。たまには。


多くのことは、3カ月も経てば笑い話になります。

これは社会人生活で得た数少ない真理のひとつです。

ほとんどのつらい気持ちも、3カ月も経てばきっと笑って話ができるようになります。

たとえば誰かの死のようなものですら、時間とともに受け入れることができるようになります。そのときは致命的で取り返しがつかないと思っていた仕事上の失敗も、二度と忘れることはないだろうと思った悲しい思いも、3か月もすればほとんどが笑えるようになります。

(飲み会なんて、そのためにあるようなものです)


だから、もし3カ月経っても笑えなければ、その感情はなんらかの解決を求めているのだと思います。その感情が苦しさや痛みをともなうものであれば、そのまま放っておくのは危険ですらあります。

たぶんそのときは、状況を変化させてみるべきときです。


「穏やかに笑う」なんて3カ月以上も自分に言い聞かせている奴が穏やかに笑うのはムリ、ということです(笑)。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

Comments


bottom of page