• みずき書林

第五福竜丸展示館


5月10日。

夢の島にある第五福竜丸展示館に行ってきました。

ずいぶん昔に訪ねたことがあるのですが、このほどリニューアルされました。

それ自体が箱舟か防護壁を思わせる建物の中に、船がそっくりそのまま収められ、その周囲を展示が囲んでいます。


つい数日前に、これもまたリニューアルされた東京都現代美術館にも行ったのですが、ビキニ事件を描いた桂ゆきの画がありました。

渋谷駅の岡本太郎「明日の神話」が第五福竜丸に材をとったものであることも有名ですね。


船といえば、かつて連合艦隊の旗艦だった戦艦長門も、核実験とは関りがあります。

いまは横浜の山下公園に停泊している氷川丸も、戦中は病院船であり、敗戦直後は引き揚げ船としてマーシャル方面にも行っているはずです。

そして昨年刊行した『マーシャル、父の戦場』との関連でいえば、長門にはかつて冨五郎さんが、氷川丸には原田豊秋さんが乗ったことがあります。


戦艦、病院船、操業中に被爆した漁船。

どれも乗りたくはない。


マーシャルには、漁のための小さなカヌーがあります。

アウトリガーカヌー。

長門や氷川丸と比べると圧倒的に小さく、第五福竜丸と比べても小型の舟ですが、これならいつか乗ってみたいものです。

最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.