top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

素敵な大人とは

前期の授業最終日。


いつもはわりと周到に準備をして、何を喋るかもざっと原稿を作って望むのだけど、最後の30分は完全にフリースタイルで。


案の定、フリースタイルで喋ったから、うまく伝えられなったのだけど。



あえて断言しますが、学部の大学生活にとって、授業なんて1割か2割程度の重要度しかありません。

ほかの8~9割は、たとえばサークル活動をしたりバイトをしたり、友だちと徹夜で無意味な議論をしたり酒を飲んだり、恋人を作ったりデートをしたり、そんなことに費やされるものです。

そして何十年も経ってみれば、憶えていること、いまの自分の糧になっているのは、ほとんどすべてそのような授業外の経験です。

サークルの仲間で合宿に行ったり、煙草をふかしながら友だちと深夜の街を徘徊したり、飲みすぎて駅のトイレでゲロを吐いたり、恋人と半同棲生活をした挙句に大喧嘩して別れたり。そんなことばかりを憶えているものです。

(しかし、このコロナ世界ではすべてNGなことばかりだ)



ぼくも大人になりました。

そんないい加減な大学時代も遠く過ぎ去り、サラリーマンになって、取締役を経験して、独立して自営業者になりました。


おそらく、あらゆる感情を十全に感じることが、生きているということです。

これからも世界は変わるし、今からでもまったく遅くはない。


楽しい、嬉しいばかりで人生が進むわけではない。

ときに、悲しみや苦しみや悩みや怒りがやってきます。

それを十全に感じまくることが、たぶん生きているということです。


たかが学部の半年のコマが終わったくらいで、なんとも大袈裟なメッセージです。

でも、あなたたちはかなり特殊な学生生活を送っています。

プラトンがアカデメイアを作って以来、「大学に集まらなくてもいい」というキャンパスライフを送っているのは、(放送大学を除けば(笑))たぶんあなたたちがはじめてです。

非常勤の分際でなんですが、正直、かわいそうだと思います。


大人になるとね、たんにハッピーそうな人とか、たんに楽そうな人を羨むことはなくなるんだ。

それよりも、ちゃんと笑って、でも強く怒って、きちんと喜んで、でもしっかり悲しむことができる人に敬意を抱くようになるもんです。

願わくば、喜びも怒りも、楽しみも苦しみも、あらゆる感情を十全に感じられますよう。

素敵な大人とは、きっとそういう人のことです。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page