• みずき書林

経験は波のように


覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。

ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。

それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。


しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。

次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少しだけ。

そしてそんなことを波状に経験するうちに、ぼく達は少しずつその痛みに慣れていき、覚悟を養っていく。


そのようにして、波は徐々に首元まで寄せてくる。

次の波は、鼻に入って息を止めるかもしれない。


そのときにはすっかり覚悟ができているだろうか。

ぜったいにそんなことはないだろうな。

めちゃくちゃ怖くて、心底寂しいに決まっている。


でももしかしたら、何度も波を見てきたからこそ、頭の片隅にはそれを受け入れるだけの小さな余白ができているかもしれない。

覚悟とは大げさでかっこいいものではなく、そんな程度の救いなのかもしれない。




……さあ、次の痛みがやってきたときに、この文章はなにがしか有効に働いてくれるか。

それとも何の役にも立たないか。

最新記事

すべて表示

退院して、ひとまず体調を自分のコントロール下に置くことを目指しつつ、日々を過ごしています。訪問看護師の方たちの手厚い看護も本当にありがたい。 こうなってみると、かつての僕にはそれなりの気力や体力が備わっていたのだと思います。 いまはそれらが愕然とするほど落ちている。 ……いま、寝落ちして、この間に15分ほど空いた。 かける量も減った。 でもできる範囲のことを少しずつ。 ああ、もう、それしかないのよ

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。