top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

経験は波のように


覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。

ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。

それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。


しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。

次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少しだけ。

そしてそんなことを波状に経験するうちに、ぼく達は少しずつその痛みに慣れていき、覚悟を養っていく。


そのようにして、波は徐々に首元まで寄せてくる。

次の波は、鼻に入って息を止めるかもしれない。


そのときにはすっかり覚悟ができているだろうか。

ぜったいにそんなことはないだろうな。

めちゃくちゃ怖くて、心底寂しいに決まっている。


でももしかしたら、何度も波を見てきたからこそ、頭の片隅にはそれを受け入れるだけの小さな余白ができているかもしれない。

覚悟とは大げさでかっこいいものではなく、そんな程度の救いなのかもしれない。




……さあ、次の痛みがやってきたときに、この文章はなにがしか有効に働いてくれるか。

それとも何の役にも立たないか。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page