• みずき書林

総額表示の一律義務化に反対するためのアクション


総額表示の一律義務化に反対し、消費税法の改正を提言します

の記事が公開されました。


この件については以前にも書いたことがあります。



ごく簡単に言うと、総額表示の一律義務化によって、


1.いま書店にある本が「違法」扱いになる

2.今後、税率が変わるたびに出版社はカバーの刷り直しをすることになる


ということになります。

つまり書店と版元を中心に出版業界に多大な負担と労力がかかり、その負担に耐ええない事業者は消滅し、労力に見合わない書籍は淘汰されることになるということです。


これを避けるためには、総額表示の一律義務化を避けるかたちで消費税法を改正すればいいわけです。



本日、小社も賛同者としてフォームに記入しました。

本提言に賛同する事業者(出版社、取次、書店等を営む法人、個人事業主)は、上記ページの真ん中あたりにあるフォームにご記入ください。


事業者以外の賛同フォームも、近日中にアップされるはずです。

読者、著者など個人の方々は、そちらから賛同いただければ幸いです。




最新記事

すべて表示

新刊書籍の発売日について

『なぜ戦争をえがくのか』 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の発売日について。 1月予定であった刊行が遅延しましたこと、またいま現在、刊行日の表記が揺れていますこと、まずお詫び申し上げます。 現状を記しますと、書籍はすでに刊行・発売されています。 入荷や店頭での様子をSNSに挙げてくださる書店さんもあり、ありがたいことです。 ただし、お店によってはまだ入荷していないところもあります。 またAmazo

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.