• みずき書林

編集、研究会、授業、お絵かき

土曜日はずっと働く。


日曜日は日記の研究会。読解で、岡山弁の知識がはじめて役に立つ。「えらい」は岡山では「しんどい」という意味。

そのままオンラインで懇親会。

音楽の話から政治の話まで。やっぱり会って話をしたいんだけど、オンラインもずいぶんこなれてきた。いろいろ楽しく喋っているうちに、気づけばいつのまにかいい時間になっている。


今日は授業。ハイブリッドが復活し、対面30人×オンライン40人。

今日は学生たちの代表が発表する回で、各グループの代表者に喋ってもらう。対面の発表者には教壇に立ってもらい、オンラインの人は自宅から。その発言をすべてのリスナーに届けないといけない。

オペレーションがややこしくなりそうだったけど、PC操作についてはスムーズに進行できた。やっぱり事前に設定を考えてシュミレーションしておくのは大事。

でも時間が足りなくて、8人の発表者のうちふたりこぼす。来週に回すことに。



仕事の合間に、ずっと絵を描いている。

ペンと色鉛筆。

なんでそんなことをしているのかは、近日発表予定。

描けた絵をどんどん共有フォルダにアップしてチームメンバーとシェアしていく。

使い物になるのかならないのかわからないけど、だんだん描くのが楽しくなってきた。



部屋が散らかってきた。片づけたいなあ。