• みずき書林

編集だけが知っている横顔


今日から、来年刊行の新しい企画が始動。

今年の節分がキックオフ。その後オンラインミーティングなどを経て、今日が初回の取材でした。


この仕事の一番楽しいところは、やっぱり人と会って話をすること、興味深い活動をしている人の話を聞くところだと、あらためて感じました。

普段会えないような人と長時間親しく話ができるというのは、得難い経験です。


もうひとつ、出版社/編集者だけが感じているであろう役得の話をすると、インタビュイーはもちろん、インタビュアーの表情も面白いところです。

通常、インタビュイーとインタビュアーは向かいあって対話します。

そして録音係兼タイムキーパーである編集者は、インタビュアーの横に位置します。

つまり、その両方の表情を見られる位置にいるわけです。


本になるときには、とくにインタビュアーの表情は表現されることはありません。

へぇぇと興味津々に、ほほぅと驚きつつ、むむむと眉に皺を寄せて、わははと大笑いしながら、そんなふうに対話している人を横から見るというのは、編集だけが知っている面白い点なのです。

最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌