• みずき書林

職住近接/食住近接


たまにブログに料理の写真をアップすると、料理がお好きなんですね~などと褒めてくださる方もいます。

いつもあのような、多少手の込んだ皿を作っていると思っている人もいるようです。が。

ああいうのは、たまに気合を入れて料理したから写真に撮ってるだけです。

なんというか、ちょっとリア充感を演出したいだけ。

嘘、とはいわないまでも、真実の片側だけをアップしているにすぎません。

コインには常に裏があります。

そこんとこ、お間違いなきよう。


いちお言っておくと、普段は極めて質素かつテキトーなものを食べています。

とくに自宅で仕事をしているときのランチなど、そのへんにあるものを搔き集めて、台所で立ったまま食べることも珍しくありません。

(たとえば今日のランチは、単に切って焼いたハム(頂きもの)。稲庭うどん(頂きもの)。野菜不足の気がして、プチトマトとマッシュルームをオリーブオイルと塩で和えたサラダ様のもの(残りもの)。以上を立食形式で)


独立して9カ月、必要のない外食を一切断っているのは、我ながら偉いといえば偉い。

まあしかし、実態はこんなものです。

台所や冷蔵庫にあるものを組み合わせてゼロ円ごはんを作るという意味では、食事をしているというよりはパズルをしているのに近い。



ついでに書いておくと、人に会う予定のないときの僕は油断しきった格好をしています(そりゃまあ外にいるときもたいした格好をしているわけではないですが、在宅時は輪をかけてひどい)。

髪はぼさぼさ(右の後頭部の髪がはねる癖があります)。

髭もめんどうだと剃らない(2日くらいでコソ泥みたいになります)。

服も着てりゃいいというレベル(夏は妙な柄のTシャツ、冬はオーバーサイズのセーター)。


なので、広告代理店の人などにお願い。アポなしの飛び込みで来るのはやめてくださいね。



こういうのにも鋭く反応します

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン