• みずき書林

自主カンヅメ


昨日、無事に新刊を下版したので、今日は一日都立中央図書館に籠りました。

10時の開館と同時に3階の一番奥に陣どり、パソコンを立ち上げ、文献を周囲にちりばめ、講義のための調査詳細。メモメモ。


いま僕がやっているようなことは、ほんの入口・入門・調べ物ごっこに過ぎませんが、調査や研究って楽しいなと思いました。

もうすぐ一段落というところで新しく役に立ちそうな文献とか見つけちゃって、後ろ髪ひかれつつタイムアップになるところとか、執筆者の皆さんが体験されていることなんだろうな。

そういうことの片鱗が見られただけでも、とても勉強になってます。

この講義は、学生のみなさんよりも誰よりも、僕が学ぶ(笑)。



朝の9時くらいに広尾の沢村ベーカリーででかいハンバーガーを食べたのでお腹も空かず、昼飯も食べずに読みまくり、書きまくる。

夕方17時頃まで、がしがし1万字ほど原稿制作。



ふもとのナショナル麻布マーケットで夕飯の買い物をして帰宅。

白身魚と野菜の蒸しもの。青梗菜と帆立の炒め物。鶏肉の中華粥。

広尾近辺で完結する生活。


しかし、もう時間がないのよ(焦)。

なにを準備しないといけないのか、よくわかってないのよ(苦笑)。

明日は新刊の白焼きが出てチェックしないとだけど、それまではひきつづき自主カンヅメです。


最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.