• みずき書林

自主カンヅメ


昨日、無事に新刊を下版したので、今日は一日都立中央図書館に籠りました。

10時の開館と同時に3階の一番奥に陣どり、パソコンを立ち上げ、文献を周囲にちりばめ、講義のための調査詳細。メモメモ。


いま僕がやっているようなことは、ほんの入口・入門・調べ物ごっこに過ぎませんが、調査や研究って楽しいなと思いました。

もうすぐ一段落というところで新しく役に立ちそうな文献とか見つけちゃって、後ろ髪ひかれつつタイムアップになるところとか、執筆者の皆さんが体験されていることなんだろうな。

そういうことの片鱗が見られただけでも、とても勉強になってます。

この講義は、学生のみなさんよりも誰よりも、僕が学ぶ(笑)。



朝の9時くらいに広尾の沢村ベーカリーででかいハンバーガーを食べたのでお腹も空かず、昼飯も食べずに読みまくり、書きまくる。

夕方17時頃まで、がしがし1万字ほど原稿制作。



ふもとのナショナル麻布マーケットで夕飯の買い物をして帰宅。

白身魚と野菜の蒸しもの。青梗菜と帆立の炒め物。鶏肉の中華粥。

広尾近辺で完結する生活。


しかし、もう時間がないのよ(焦)。

なにを準備しないといけないのか、よくわかってないのよ(苦笑)。

明日は新刊の白焼きが出てチェックしないとだけど、それまではひきつづき自主カンヅメです。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.