top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

自分と同い年のワイン

自分と同い年のワインを飲む。

1978年、シャトー・レオヴィル・ポワフェレ。

これはもう酒ではなく、時間そのものを飲む感じ。



たとえば78年のワインは、これから先もう永遠に生まれることはない。

この年に作られたワインは、いま地球上にあるものがすべてで、それを飲んでしまったら、もう二度と手に入れることはできない。

時間をとり戻すことはできない。

たとえどんなに大金を積んだとしても。



高野寛に、

「この体の細胞 3年もたたないで 全部生まれ変わるなんて 不思議だね」

という詞がある。

このボトルは42年前、僕がおぎゃあと生まれたときに栓をされて、そのままずっと眠ってきた。



覆水盆に返らず、ということばがあるが、

コルクを抜いて、グラスに注いだ瞬間、何か取り返しのつかないことをしているような、時間の不可逆性そのものが赤い液体となって流れ落ちていくような感じがあった。



実際に高いか安いかではなく、そういうふうに時間を感じながら飲むことが、こういうお酒の面白さだろうと思う。



まあ、偉そうな感慨を連ねているが、マリアージュのお相手は、自分で揚げた鶏のから揚げだったんだが。


最新記事

すべて表示

穴子のお寿司だけ

今日書いた原稿より部分的に抜粋。 病気になるのは悲しいけれども、悪いことばかりではない、という話。 * 家の近所に、昔よく通っていた寿司屋がある。ランチのセットが安くて美味しい。休日の昼にたまに妻とふたりで行っては、ランチセットで日本酒を飲んだりした。 今日のお昼は久しぶりにそこのランチをテイクアウトしてきた。僕はもうほとんど食べられないので、一人前だけのテイクアウト。 (ふたりで店に入って一人前

Comments


bottom of page