top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

自分の本の準備

人生最初で最後になるであろう、自分の本を作っています。

これまで編集者として何冊の本を作ってきたか、前職まで含めると数えることもできません。膨大な数の本を編んできました。

でも自分が著者になるのは今回がはじめての体験です。

そしてほぼ間違いなく、最後の体験になります。


いまは企画書をブラッシュアップしながら、とにかくこれまで書いたブログをすべて読み返しているところ。

ざっとななめ読みして、使えそうなテキストをコピペして溜めていく。

過去のブログ、とにかくテキスト量が多いので、ざっとななめ読みするだけでも、相当な時間がかかっています。

そして自分が書いたものだから当たり前かもしれないけれど、自分ごとだからけっこう面白い。つい読みふけってしまいます。


いま考えている構想は、過去のブログ本文をまず引用し、それを受けていま考えることを書き下ろしていくというかたち。

病を得て、一見何も変わっていないように見えながらもすっかり様相が変わった人生を生きているいまから振り返って、過去の思い出はどのように見えるのか。

たくさんの人と関わりながらひとりで出版社を営み、それを閉じるという行いは、僕という個人にとって何だったのか。

記憶は、どんなふうに生み出されて、蓄積されていくのか。

そんな読後感を持つ本にできればと願っています。





最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page