• みずき書林

自分の機嫌は自分で


3月9日から4月13日まで、おこもり読書支援キャンペーンをやりました。

コロナの影響がどこまで長期化するかわからない頃で、とはいえいろんな支援の動きはもう始まっていて、なにかもどかしい思いにとらわれて咄嗟に始めたのでした。



あれから2カ月がたって、事態は収束していません。どころか、緊急事態宣言の解除によって、非常に危ういぐずぐず感が出ているように思います。

東京の中心部に住んでいる者として、この皮膚感覚はそんなに間違っていないと思いますが、安全だという確証のないままに、雰囲気だけがなんとなくゆるふわになっているのが感じられます。


もちろん、宣言解除ですから、お店が開けるのは当然です。

僕ももし接客業だったら、ぜったいに開ける。そうしないと収入がなくなるから。まさに死活問題です。

そして開けたからには、人が来てくれないと困る。

直接の接客業ではありませんが、小さな版元を営んでいる者として、その気持ちはとてもよくわかる。

わかるだけに、街が日常の形を取り戻していくのを、よかったねぃと眺めつつ、でも残念ながら、そこに自分が近寄っていく気持ちにはまだなれない。ほんとうに残念なことに。



どこへ行くにもマスクをつけて。帰宅したら手洗い・うがい・洗顔。ごはんは家で食べて。買い物は混まない時間帯に。

できることは限られていて、もどかしい思いはぬぐえません。



そんななか、最近思うのは、やりたいことがある人は、やはりいいなということ。

自分で自分を喜ばせることができる人は、気持ちがいい。

そういう人を見習いたいし、そういう人には(勝手なことを言って申し訳ないけれど)いつまでもそんなふうにいてほしい。

ポジティブぶってもしかたないので断言するけど、いま現在、この世界は総じてそんなに気持ちのいい場所ではない。でもそれぞれの暮らしを楽しむことはできるし、人生を明るく過ごすことはできる。



「どうにもならないことっていうのは誰にだってある。歯噛みして地団駄踏みたいことは。そこでどうするかが、人の値打ちじゃないかな」

最近読んだ小説の一節です。



自分の機嫌は自分でとれるのが大人だと思うけど、僕はここんとこうまくできてないなぁ。


最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.