• みずき書林

自分を作った100冊(上)


これまでの40年の生涯で、印象に残っている、繰り返し読んでいる、子どもの頃読んで覚えている、という100冊を選んでみました。

おおまかなルールは以下の通り。


・物心ついてからいままでで、何らかの意味で印象に残っている本をざっくりと選出(こうしてみると、中学生以前は物心がついていなかったことがわかる)。

・活字メインのものに限る(マンガや画集は入れない。まあレシピ集などは紛れこんでいますが、細かいことは気にしない)

・同一作家から複数冊選ぶのは可。ただしほどほどに(さもないと高校時代に乱読した筒井康隆で全部埋まったりする)。

・短編集は、作品集の名前を挙げた本もあれば、「〇〇の短編群」というかたちでズルしたものもあり。

・順番は適当。重要度を意味しない。

・自分が仕事として関わったものは入れない(そんなことしたらいろいろ角が立つ)。

・あくまで思いつきでリストアップしたものなので、ほんとうにこの100冊(だけ)で僕が形成されていると思って軽んじたり、無節操な人物だと批判したりしないでいただきたい(小説の趣味が懐古的だとか、女性作家が少ないのがけしからんとか、バルザックで『ラブイユーズ』選ぶのは趣味が悪いとか、そういうのは思っても言わないでください)。


では、前半50冊。


1 ホテル・ニューハンプシャー/アーヴィング

2 偸盗・地獄変など短編群/芥川龍之介

3 逃走論/浅田彰

4 青春デンデケデケデケ/芦原すなお

5 ハーメルンの笛吹き男/阿部謹也

6 日本の歴史をよみなおす/網野善彦

7 羽根むしられて/アレン

8 現代思想の教科書/石田英敬

9 魚介のイタリア料理/今井雅博・京大輔・小島正明

10 ガラパゴスの箱舟/ヴォネガット

11 時の矢/エイミス

12 グレープフルーツ/オノ・ヨーコ

13 本当の戦争の話をしよう/オブライエン

14 大聖堂/カーヴァー

15 日の名残り/カズオ・イシグロ

16 日本文学史序説/加藤周一

17 怪盗ジバコ/北杜夫

18 戦争における「人殺し」の心理学/グロスマン

19 若きウェルテルの悩み/ゲーテ

20 ジェノサイドの丘/ゴーレイヴィッチ

21 志ん朝全集/古今亭志ん朝

22 サキ短編/サキ

23 ワンダーボーイズ/シェイボン

24 フェルマーの最終定理/シン

25 ラストオーダー/スウィフト

26 ウォーターランド/スウィフト

27 女徳/瀬戸内寂聴

28 他者の苦痛へのまなざし/ソンタグ

29 さようなら、ギャングたち/高橋源一郎

30 料理人の休日/辻静雄

31 マイルス・デイビス自叙伝/デイビス

32 三銃士/デュマ

33 恋愛をめぐる24の省察/ド・ボトン

34 山月記・名人伝など短編群すべて/中島敦

35 風位/永田和宏

36 スペンサーシリーズどれでもいい/パーカー

37 101/2章で書かれた世界の歴史/バーンズ

38 フロベールの鸚鵡/バーンズ

39 表層批評宣言/蓮見重彦

40 ラブイユーズ/バルザック

41 マチネの終わりに/平野啓一郎

42 夜と霧/フランクル

43 卵をめぐる祖父の戦争/ベニオフ

44 Oヘンリー短編/ヘンリー

45 キッチン・コンフィデンシャル/ボーデイン

46 ハイ・フィデリティ/ホーンビィ

47 ラディカル・オーラル・ヒストリー/保苅実

48 リヨンの料理人/ボキューズ

49 ブライトライツ・ビッグシティ/マキナニー

50 愛の続き/マキューアン

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.