• みずき書林

荻田泰永さん&井上奈奈さんの『旅をひとさじ』レビュー


昨日7/9の信濃毎日新聞に、松本智秋著『旅をひとさじ てくてくラーハ日記』の書評が掲載されました!

評者はご存知、冒険家の荻田さん。

イラストは井上奈奈さん。



本文はもちろん、井上さんのイラストが素敵です。

本書を読んでイラストを眺めると、じわじわと温い気持ちになります。


なお、このおふたりのコンビによる絵本

『PIHOTEK ピヒュッティ 北極を風と歩く』

が来月、講談社より刊行予定です。

特設サイトも立ち上がっています。

あわせてご覧ください。


この書評記事は共同通信配信なので、ほかの地方紙にも掲載されているかもしれません。

荻田さん、井上さん、ありがとうございます!


最新記事

すべて表示

HISASHI君とAMIさんのラジオにゲスト出演した回、後編が公開されました。 ここで内容について長々と書いてそれを読んでもらうよりは、ぜひ聞いてみてください。 僕は歴史学・社会学・文学といった本が好きで、そういった本を作ってもいます。 それを踏まえていろいろ喋ったのですが、個人的にもっと喋りたかったこと。 それは「感動ってなに?」ということでしょうか。 感動をするって、どんなメカニズムなんでしょ