• みずき書林

行きつけの店

前職時代に行きつけにしていた店に、すごく久しぶりに行きました。

お店のお姐さんに憶えてもらっていて、嬉しいことでした。


いつも5~6種類のおばんざいがあって、それをいくつか注文して、つまみつつお酒を飲むのが好きでした。

昨日は、小松菜のおひたし、ポテトサラダ、高野豆腐を注文し、さらに鶏唐揚げ、出汁巻き卵、秋刀魚などの定番メニューで、例によってお酒を少々。


酒友・タナカさんとともに。

でも昨日はとんでもない量を飲むこともなく、わりと清々しい酒でした。よね?


そのときに鯖をオーダーしたのですが品切れだったので、今夜は鯖の塩焼きを作りましたよ。

まわりを囲んでいるのは、蕪と油揚げの煮物、高野豆腐、ひじきの煮物。


スティーリー・ダンをBGMに作りました。



最新記事

すべて表示

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。