• みずき書林

行きつけの店

前職時代に行きつけにしていた店に、すごく久しぶりに行きました。

お店のお姐さんに憶えてもらっていて、嬉しいことでした。


いつも5~6種類のおばんざいがあって、それをいくつか注文して、つまみつつお酒を飲むのが好きでした。

昨日は、小松菜のおひたし、ポテトサラダ、高野豆腐を注文し、さらに鶏唐揚げ、出汁巻き卵、秋刀魚などの定番メニューで、例によってお酒を少々。


酒友・タナカさんとともに。

でも昨日はとんでもない量を飲むこともなく、わりと清々しい酒でした。よね?


そのときに鯖をオーダーしたのですが品切れだったので、今夜は鯖の塩焼きを作りましたよ。

まわりを囲んでいるのは、蕪と油揚げの煮物、高野豆腐、ひじきの煮物。


スティーリー・ダンをBGMに作りました。



最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.