• みずき書林

褒めよう。褒めて。

早坂暁先生は常日頃、

「いいなと思ったら褒めたほうがいい。それも、できるだけ直接伝えたほうがいい」

とおっしゃっていたとのことです。



奥様が書かれた『この世の景色』の「あとがき」にも、銭湯ですごく綺麗な刺青のおっちゃん(どう考えてもヤ○ザである)に「きれいだねえ。ちょっと触っていい?」と声をかけたエピソードが紹介されています。


早坂先生自身も、褒められるととても喜ぶ方だったようです。

テレビや放送関連のあらゆる賞をとり、国から叙勲もされ、故郷からも表彰され、功成り名とげた先生でしたが、よく行く寿司屋の職人から「この前のドラマ見たよ、面白かった」と言われるとすごくすごく喜んでいたと、これも奥様からうかがいました。


ものを作る仕事をしている人は、どんなにキャリアや人気や名声があっても、やはり直に褒められることを欲しているし、その素朴で素直な喜びが、日々を暮らしていく糧になっていたのだろうなと思います。

そんなふうに褒められる喜びを知っているから、ちゃんと誰かを褒めようとしていたのだと思います。



ささやかながら僕も出版社をしていて、褒められると、とても嬉しい。

その日一日にこにこ過ごして、たとえばtweetやAmazonのレビューやメールで褒めてもらえたら、そのテキストは定期的に見直して、またにこにこします。



何であれ、ものを作っている人は褒められることを願っているはずです。

いっぱい褒めるようにしたいなと思います。

そして、いっぱい褒められたいです。はい。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン