• みずき書林

記事掲載『緊急事態TOKYO1964』『なぜ戦争をえがくのか』

新刊『緊急事態TOKYO1964』が、月刊『AIRLINE』8月号に紹介されました。

航空専門紙ならではの、マニアックな視点。同時に、「空飛ぶもの」に惹かれ続ける著者の夫馬信一さんの本領を見抜いた切り口でもあります。


同書は、近日中にもうひとつ雑誌掲載の予定。

そっちはクルマ専門紙。

本書には、世界を横断した車が何台か登場しますので。

しかし、先日出来たばかりの本に早速に対応下さり、ありがたいことです。




なぜ戦争をえがくのか』も新聞「ふぇみん」に紹介記事が載りました。



最新記事

すべて表示

8月中の記事掲載まとめ

僕が倒れていた8月中に掲載された書評・紹介記事などをまとめておきます。 ★「東奥日報」8月9日(月)★ 『母と暮せば』 評者:青来有一さま 「カトリック信徒への差別やGHQが被爆者を調査はしても治療はしなかった非道な扱いへの怒りを、劇作家がしっかり仕込んでいるのを見逃してはならない」 ★「公明新聞」8月9日(月)★ 『なぜ戦争体験を継承するのか』 評者:福間良明先生 「それにしても、「なぜ戦争体験