top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

誰にもわからない

前回のエントリー以降、ほんとうにたくさんの方たちからメッセージ・メールをいただいています。

本当にありがとうございます。

おひとりおひとりに返信をする時間的・体力的余裕がなく、こういうかたちでの御礼となること、ご了承くださいませ。

やりかけのこともあります。

途中で断念せざるをえなかったこともあります。

でも、僕は幸福でした。


今日は退院以来のがんセンターでの検査。

血液検査の結果は悪くない。

主治医の先生もこのブログを読んでくださっている。

いつまで生きるか、いつ死ぬかは誰にもわからない。可能性の話でしかない。とおっしゃる。

まだ少しふんばれる気持ちになる。

誰にもわからない。

それ自体は希望にはならないけれど、とにかく1日1日をなんとか暮らしていくしかない。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Comments


bottom of page