• みずき書林

近所の図書館


直線距離で50メートルほど。歩いて1分もかからないところに、臨川小学校に付属している、「臨川みんなの図書館」があります。

小学校の一角に場所を占める、アットホームで使いやすい図書館です。

この図書館自体の蔵書はそれほどでもないのでしょうが、ウェブ上でリクエストすれば、翌日もしくは中1日くらいで、連携している渋谷区中の10か所くらいの図書館の本を借りることができます。

館内は小学校の一区画を改装したもので、どことなく懐かしくも居心地の良い空間です。



また、なんといっても、徒歩10分くらいのところには、都立中央図書館があります。

考えてみれば、これはなかなか贅沢な環境です。

やはり都立中央の蔵書は素晴らしい。

NDL以外では、都内では屈指の図書館のひとつです。


アットホームな臨川図書館と、使い勝手抜群の都立中央。

ふたつの図書館が近くにあることは、ひとり出版社にとっては思いのほかの恩恵があります。


今日も夕方から、調べ物のために都立中央にいました。

小林一茶の句「猫の子のちよいと押へる木の葉かな」のことを調べたり、空海の母方のおじである阿刀大足について調べたり。

そういうことが気軽にできるのは楽しいですね。


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.