top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

送料のこと――クリックポスト


出版社にとって、送料というものはなかなか侮れないポイントです。

ひとつひとつは微々たるものですが、積み重なるとそれなりの額になります。

大きな趨勢として、書店で買うケースよりもネットや直販の比重が増しているので、ますます送料のことは考えなくてはなりません。

出版社同士が集まって話をしていて、何か新しい仕組みや独自のやりかたに話が及ぶたびに「で、送料は?」と誰がか問うのは、もはやクリシェのようなものです。

送料について考えざる者は版元にあらず。とは過言ですが、とはいえ決して大げさな言い方でもないでしょう。



ましてや昨今は郵便局も宅急便もしゅっちゅう料金改定が行われ、これまで安かった場合がいつまでも安いとは限りません。

重さ・寸法・送付先など様々なファクターを考えて、最適の解を知らなければなりません。


そのなかで、クリックポストというサービスは、今のところ最安解のひとつでしょうか(今のところ)。

もはやけっこう前のことになりますが、出版社同士のメーリングリストで流れてきて、そのサービスを知ることができました。


もともとは、ネットオークションなどの小口発送の需要を見込んでスタートしたサービスのようです。

つまりは日本郵便が郵送を担当し、Yahoo!が料金部分を担当する、というしくみになっているのだと思います。(先日、このサービスについて領収書を発行したいと郵便局で訊ねたところ、それは郵便局の関知していない部分だということを言われました)



Yahoo!でIDを取得し支払手続きをして、荷物情報を入力(多い場合はcsvで一括アップロードも可)という点だけが普通の郵送と異なります。

あとはラベルをプリントアウトして、郵送物に貼って出すだけ。ポスト投函も可能です。

全国一律185円で発送できます。

たしかに、安い。


ただし、34×25×3cmの範囲内で1kg以内のものに限られます。


よって、出版社の場合は、A5判並製以下くらいのあまり厚くない本の発送であれば、これが確かに安いといえるでしょう(今のところ)。



先日もクリックポストを使って書籍を発送しました。

厚さ2.2cmの本で、梱包材を含めると3cmをほんのわずか、1~2mm超えてしまっていたのですが、杓子定規なことを言わないで引き受けてくれた郵便局のスタッフの温かい対応もあいまって、なかなか使えるサービスでした。


最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comments


bottom of page