• みずき書林

送料のこと――クリックポスト


出版社にとって、送料というものはなかなか侮れないポイントです。

ひとつひとつは微々たるものですが、積み重なるとそれなりの額になります。

大きな趨勢として、書店で買うケースよりもネットや直販の比重が増しているので、ますます送料のことは考えなくてはなりません。

出版社同士が集まって話をしていて、何か新しい仕組みや独自のやりかたに話が及ぶたびに「で、送料は?」と誰がか問うのは、もはやクリシェのようなものです。

送料について考えざる者は版元にあらず。とは過言ですが、とはいえ決して大げさな言い方でもないでしょう。



ましてや昨今は郵便局も宅急便もしゅっちゅう料金改定が行われ、これまで安かった場合がいつまでも安いとは限りません。

重さ・寸法・送付先など様々なファクターを考えて、最適の解を知らなければなりません。


そのなかで、クリックポストというサービスは、今のところ最安解のひとつでしょうか(今のところ)。

もはやけっこう前のことになりますが、出版社同士のメーリングリストで流れてきて、そのサービスを知ることができました。


もともとは、ネットオークションなどの小口発送の需要を見込んでスタートしたサービスのようです。

つまりは日本郵便が郵送を担当し、Yahoo!が料金部分を担当する、というしくみになっているのだと思います。(先日、このサービスについて領収書を発行したいと郵便局で訊ねたところ、それは郵便局の関知していない部分だということを言われました)



Yahoo!でIDを取得し支払手続きをして、荷物情報を入力(多い場合はcsvで一括アップロードも可)という点だけが普通の郵送と異なります。

あとはラベルをプリントアウトして、郵送物に貼って出すだけ。ポスト投函も可能です。

全国一律185円で発送できます。

たしかに、安い。


ただし、34×25×3cmの範囲内で1kg以内のものに限られます。


よって、出版社の場合は、A5判並製以下くらいのあまり厚くない本の発送であれば、これが確かに安いといえるでしょう(今のところ)。



先日もクリックポストを使って書籍を発送しました。

厚さ2.2cmの本で、梱包材を含めると3cmをほんのわずか、1~2mm超えてしまっていたのですが、杓子定規なことを言わないで引き受けてくれた郵便局のスタッフの温かい対応もあいまって、なかなか使えるサービスでした。


最新記事

すべて表示

編集だけが知っている横顔

今日から、来年刊行の新しい企画が始動。 今年の節分がキックオフ。その後オンラインミーティングなどを経て、今日が初回の取材でした。 この仕事の一番楽しいところは、やっぱり人と会って話をすること、興味深い活動をしている人の話を聞くところだと、あらためて感じました。 普段会えないような人と長時間親しく話ができるというのは、得難い経験です。 もうひとつ、出版社/編集者だけが感じているであろう役得の話をする

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.