• みずき書林

通院・散歩・中華 9/8

9月8日(木)


午前中は通常業務。

1200、パンなど軽くお腹に入れてからがんセンターへ。

セカンドラインの治療が始まる前の造影CTを撮りに。


1330、いつもどおり、採血。

1500、診察。

退院後、血液検査の結果は良好。

主治医の先生も元気になったと言ってくださる。


1530、造影CT。

左腕の点滴針がうまく刺さっていなかったみたいで途中で中断。

右腕に刺し直してリトライ。

漏れた薬液で左腕が膨れている。


会計し、薬局で薬を受け取って、1700頃に帰宅。

すぐにクリームを連れて散歩に。1800まで。


帰宅してまたすぐに外出。

1830、歌舞伎町「青葉」へ。

久しぶりに(といっても入院している間に人と会わなかっただけだが)みんなで会食。総勢7名。

誕生日兼退院祝いの乾杯。

この場にいるはずだった智秋さんへの献杯。

美味しかった。楽しかった。


創業したころの話なんかしたり。

あの頃は毎日楽しくて、毎日不安だった。

いまでも毎日楽しくて、不安だ。

不安の種類は変わったけれど、楽しさは変わっていない。



*



少し前までは、毎日巡回するサイトがあった。

でも最近、ちょっと寂しくなっていた。

ずっと読んでいた交換日記のサイトは公開をやめてしまったし、智秋さんのサイトも更新されることはもうない。

山田先生のブログが何日も更新されなくて、正直すごく心配だった。

昨晩、新しいエントリーがあって、ほんとうに一安心。


最新記事

すべて表示

昨日は田中さん主催の日記文化の研究会。 NHKスペシャル「新・ドキュメント太平洋戦争』の制作ディレクター・長野怜英さんと酒井有華子さんの発表ののち、討論。 とても刺激的な話だった。 個人的に面白かったのは要約すれば2点。 1点目は、何度も書きもして喋りもしていることだけど、つまるところ〈顔が見える〉という点に、僕は感興を憶えるということ。 「NHKが作った大作ドキュメンタリー」といわれれば、膨大な