top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

週末25日(土)のイベント


あらためて、今週末25日(土)のイベントの告知を。


日本オーラル・ヒストリー学会の主宰でシンポジウム、


――野入直美(2021)『沖縄-奄美の境界変動と人の移動』を手掛かりに


が開催されます。


登壇は、著者の野入直美先生(琉球大学)、語り手である重田辰弥さん(関東沖縄経営者協会顧問)、そして編集担当の岡田です。

開閉会のコメントは蘭信三先生と安岡健一先生、コメントは有末賢先生と根本雅也先生。


10:00~12:30の午前中のイベントになります。

会場は上智大学ですが、オンライン視聴もあり。

事前の参加申し込みはこちらに必要事項を記入ください。



僕は「語りを生かす」というお題で、野入先生と重田さんとの出会いと本書の編集プロセスについてお話しします。

ひいては、若手の研究者にとっての、「出版社と著者の出会い方」のヒントになるようなお話ができればと考えています。


オンラインを中心に、すでに事前登録者数は100人を超えているとか。

けっこうな数ですね。緊張するなあ。





最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

Comments


bottom of page