• みずき書林

遅くても、遠くへ


昨日と今日で、約10キロずつ走りました。

昨日は山種美術館から根津美術館の前を通って、青山墓地を抜けて赤坂御用地をひとまわり。

今日は代官山をかすめて中目黒に出て、目黒川をさかのぼって、池尻で折り返し。

ともにもう何度も走っている、お気に入りのコースです。


青山―赤坂コースは、東京のど真ん中なので車は多いですが、そのぶん車道と歩道が明確に分かれていて、歩道も広いので比較的走りやすい。

とくに246の赤坂御用地側の歩道は、ランナー以外はほとんど誰も歩いていないので(だいたいの人は車道を隔てた赤坂警察や郵便局があるほうを歩く)、走りやすいです。

御用地を回らないで、そのまままっすぐ皇居ランに行くも良し。

あるいは青山墓地から神宮外苑の周回コースに入るのもお勧めです。ただし紅葉の季節は行ってはいけません。外苑前の銀杏並木は綺麗ですが、ものすごい人出でとても走れるような状況ではないので。


目黒川コースは、池尻方面にさかのぼるのも、流れ沿いに品川方面に向かって東京湾に出るのもお勧めです。

なんといっても車が通らないし、信号もほとんどありません。

ただし、こちらは桜の季節は行ってはいけません。綺麗ですが、やはりとても走れるような状況ではありませんから。

あと、どういう具合でそうなるのか知りませんが、目黒川が異様に臭い時があります。なんというか、ヘドロの臭い。川沿いに走るなんてとても無理。行ってみて異臭を感知したら、さっさとコースを変えましょう。


しかしまあ、昨日今日と続けて走りましたが、まともに走ったのは実は3週間ぶり。

この夏は異様に暑かったり天候が悪かったりで、とても外に出る気になれませんでした。

久しぶりに走ったら愕然とするようなタイムでしたが、まあ速く走ることは僕にとってそれほど大事なことではない。

それよりも、続けることと、それによって累積走行距離と、一回で走れるようになる距離を少しずつでも伸ばしていくのが目標です。そしてその結果、体格を維持(というか改善、あるいは復旧)するのが目的です。


秋冬は走りやすい季節なので、がんばらないと。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン