• みずき書林

遅くても、遠くへ


昨日と今日で、約10キロずつ走りました。

昨日は山種美術館から根津美術館の前を通って、青山墓地を抜けて赤坂御用地をひとまわり。

今日は代官山をかすめて中目黒に出て、目黒川をさかのぼって、池尻で折り返し。

ともにもう何度も走っている、お気に入りのコースです。


青山―赤坂コースは、東京のど真ん中なので車は多いですが、そのぶん車道と歩道が明確に分かれていて、歩道も広いので比較的走りやすい。

とくに246の赤坂御用地側の歩道は、ランナー以外はほとんど誰も歩いていないので(だいたいの人は車道を隔てた赤坂警察や郵便局があるほうを歩く)、走りやすいです。

御用地を回らないで、そのまままっすぐ皇居ランに行くも良し。

あるいは青山墓地から神宮外苑の周回コースに入るのもお勧めです。ただし紅葉の季節は行ってはいけません。外苑前の銀杏並木は綺麗ですが、ものすごい人出でとても走れるような状況ではないので。


目黒川コースは、池尻方面にさかのぼるのも、流れ沿いに品川方面に向かって東京湾に出るのもお勧めです。

なんといっても車が通らないし、信号もほとんどありません。

ただし、こちらは桜の季節は行ってはいけません。綺麗ですが、やはりとても走れるような状況ではありませんから。

あと、どういう具合でそうなるのか知りませんが、目黒川が異様に臭い時があります。なんというか、ヘドロの臭い。川沿いに走るなんてとても無理。行ってみて異臭を感知したら、さっさとコースを変えましょう。


しかしまあ、昨日今日と続けて走りましたが、まともに走ったのは実は3週間ぶり。

この夏は異様に暑かったり天候が悪かったりで、とても外に出る気になれませんでした。

久しぶりに走ったら愕然とするようなタイムでしたが、まあ速く走ることは僕にとってそれほど大事なことではない。

それよりも、続けることと、それによって累積走行距離と、一回で走れるようになる距離を少しずつでも伸ばしていくのが目標です。そしてその結果、体格を維持(というか改善、あるいは復旧)するのが目的です。


秋冬は走りやすい季節なので、がんばらないと。



最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業

オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。 10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。 まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。 オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。 音声はマイクを通してハウリングしないのか。 対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.