top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

遅坂先生のこと

本日(3/30)の朝日新聞に、

「エンドロール 映画人 岡田祐介」の5回目が載っており、早坂暁先生とのエピソードが紹介されています。


早坂先生は伝説的な遅筆で有名ですが、この記事でも、


「ある時、脚本を取り立てに行った人が『先生、今回は本当に間に合いません』と脅したら、暁さん、『じゃあ、書いてもしょうがないね』と悠然と答えたんだって」


という「遅坂さん」のエピソードとともに、一転して、3時間で脚本を書き上げたエピソードも披露されています。


もし早坂先生の現役時代にSNSがあったら、


「ロケ現場に来たけど、脚本できてない。。。 #早坂暁

「間に合わないって言ったら「じゃあ、書いてもしょうがないね」って言われた。。。 #早坂暁

「嘘だろ。3時間で原稿上がってきた。 #早坂暁 #遅坂先生」


みたいなスタッフのつぶやきがあふれたことでしょうね。


*


前職で早坂先生の本を出すことになって、吉永小百合さんに推薦文をいただいたことがあります。

繰り返しますが、あの吉永小百合さんです。

いただいだ原稿を読むと、


「撮影現場で待っていると、先生の手書きの脚本がFAXで一枚ずつ送られてきます。その温かみのある文字を拝見すると……」


みたいなことが、さらっと書かれていました。

さも先生のお人柄を伝える温かいエピソードみたいに書かれていましたが、現場に1枚ずつFAXで脚本が送られてくる状況ってどうよ。

いうまでもなく、吉永さんの背後には、何十人もの役者やスタッフが準備を整えて待機していたと思われます。

その全員がなすすべもなく、ピ~とか呑気な音を出しながら1枚ずつ紙を吐き出すFAXを眺めている、というのは、考えるだにおそろしく、また思わず笑ってしまう想像です。



「早坂暁さん 遅かった脚本」という身も蓋もない見出し(笑)



最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page