• みずき書林

酒ばかり呑んでいると


ブログを書く時間がなくなります。


日曜は、懇意にしている写真家とデザイナーさんを小社(要するに自宅)にお招きして。

おでん、カプレーゼ、スパニッシュオムレツ、麻婆豆腐、ポークロースト、アップルパイなど居酒屋風の雑多な皿を用意。

ワインをたくさんお持ちいただきました。


昨日は、旧知の先生にお誘いいただいて。

恵比寿の居酒屋にて。

すごく久しぶりにお目にかかりました。

共通の知り合いである出版・学会の方々のお話などなど。

最初から最後まで熱燗一本鎗で、かなり酔っぱらいました。


そろそろ休もう。

今夜は飲まない。



「熟しえた桃」という言葉づかいがいい。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン